インプラント治療でトラブルが起きやすいケースとは?

インプラント治療に関する情報サイト

おすすめリンク

京都で人気の矯正歯科

京都で現在人気を集めている矯正歯科の魅力をご紹介します。お口のトラブルを相談してみませんか。

100種類あるインプラント

インプラント治療の始まりは、紀元前頃で、西暦700年には、ある女性の歯の根元に貝殻が埋め込まれているのが確認されているため、この時代にはもう既にインプラント治療に近い治療が行われていた事が分かりました。
様々な素材でインプラントが作られましたが、なかなかしっくりくる素材がなく、1952年にスウェーデンの博士が骨とチタンがくっつくという事を確認し、骨とチタンがくっつく事を博士は、オッセオインテグレーションと呼んでいました。
のちにチタンのインプラントが開発されました。
世界で初めて、インプラント治療を受けた方は、40年間、歯に何も異常はなかったそうです。
それから世界中にチタンのインプラントが広まっていきました。
インプラント治療が初めて成功してから半世紀後に、インプラントの手術あと直ぐに仮の歯を装着できるようになりました。
このサイトでは、インプラントの種類や歯がなくなった方向けの治療方法やインプラント治療を受ける利点や欠点やインプラント治療で、起こりやすいトラブルやトラブルにならないための予防策など、インプラントに関する初歩的な内容からマニアックな内容まで詳しく説明します。
これからインプラント治療を受ける予定の方には、参考になる内容ばかりかと思います。
知っている方は、改めて確認するつもりで読んでみると新たな発見があるかもしれません。
知らない方は、雑誌を読む感覚で気軽に読んでみる事をおすすめします。

TOPへ戻る